SEBASIRE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

吉良吉影は静かに暮らしたい

JOJO4部を読み返した。
第3の能力バイツァダスト発現からの展開が熱すぎて一気に読み終わる。

最後の川尻家の夕食のシーンで早人が
「僕もパパが帰ってくるまで待つよ」
と言いながら泣いたところで泣きそうになった。
前に読んだ時は泣くまでは行かなかったと思う。

ある日本当の父が居なくなり代わりの偽者が現われる。
それでも自分は学校へ、父は仕事へと日々は変わりなく過ぎていく。
そして全ての決着が付いて吉良吉影は死んだ。
死んだのは吉良だが、早人の家庭から父が消えるのもこの日からなのだ。
ボンボンと軽く人を爆死させて、それっきりが多かったが
人間が死ぬというのはこれだけの喪失感があるのだと思い知らされるシーンだ。

二度と元には戻らない、生命の尊さ。
荒木が掲げるJOJOのテーマ、人間賛歌をしみじみと感じた秋の夜。

スポンサーサイト
  1. 2006/11/26(日) 21:13:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ゲーム検定 | ホーム | わー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sebasire.blog63.fc2.com/tb.php/70-25fd124c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 プロフィール

せば

Author:せば
ゲームと漫画と怠惰と惰性と天邪鬼

 くそみそカレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 くそみそカテゴリー

 月別くそみそアーカイブ

 リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。